「働き方改革」で会社から旅行プレゼント

働き方改革の一環として、業績に応じてインセンティブを与える企業も増えてきました。会社から「旅行」をプレゼントされたというAさん(36歳)のケースです。一見よい話にも思えるのですが、「デメリットだらけ」だというのです。「現物支給なのに課税されてしまうことですね。私の場合、会社が用意してくれたのは家族3人で30万円近いプランでした。交通手段やホテルはかなり良いレベルで満足だったのですが…その費用を給料として計上するので、収入は増えていないのに税金だけ引かれてしまうんです。」これは「報奨金の現物支給」にあたるのですが、「それだったら旅行じゃなくて、現金の給与でほしい!」というのがホンネでしょう。幸い、Aさんは大きなマイナスにならずに済んだのですが、大ダメージとなったのが外旅行組です。「例えば、100万円計上されるとすると、それだけで税金として最低でも数万円は所得から徴収されることになるわけで……」。実際にはその年の所得税だけではなく、翌年の住民税や保険料にも響くので、マイナス面が際立っているのです。
Leer el artículo completo
admin
13 7月 2018

働き方改革を進めている自動車運送事業者を国が「ホワイト」認定へ

国土交通省は、ドライバー不足が問題となっているバス・タクシー・トラックの自動車運送事業で、働き方改革に積極的に取り組む事業者を見える化するために、「ホワイト経営」として認定する制度の創設を検討します。バス・タクシー・トラックの自動車運送事業では、運転者不足が深刻化していて、労働条件や労働環境を改善するとともに、運転者を確保・育成していくことが大きな課題となっているのです。このため、働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者の取り組み状況を見える化するため、「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を設置し、新たな認証制度の創設について検討するということです。ホワイト経営という言葉が、最近使われるようになってきた背景にはブラック企業の対極にあるということです。「ブラック経営」は、セクハラ、パワハラ、過酷な労働、劣悪な作業環境、給料や残業代の未払いなど、社員の幸せをかえりみない経営をしていることで、ホワイト経営はまさにこの対極となっているのです。
Leer el artículo completo
admin
6 7月 2018

世界初「空飛ぶ消火ロボット」東北大が開発

世界初の試みとなりました。東北大の研究チームが、火災現場での活躍が期待される「空飛ぶ消火ロボット」を開発したのです。そのイメージは、さながら空想の生き物である「ドラゴン」のようです。勢いよく水を吹き出しながら自ら空中を進むホースが象徴的です。世界初の試みとして、東北大学の研究チームが開発した消火ロボットなのです。動きが竜の様に見えることから「ドラゴンファイヤーファイター」と名付けられたネーミングセンスも秀逸ですね。開発したのは、東北大学の田所諭教授を中心としたロボット工学のチームです。構想から3年で、これまで侵入が困難だった延焼中の建物の内部に入り込むことで、直接消火活動ができる新型ロボットとして、実用化が期待されているのです。ホースの浮力は水で、毎分200リットルで吹き出します。ち密な計算をもとに噴き出す方向を変え、さらに前進・後退、上下左右と、ホースの遠隔操作が可能となりました。ホースが自立するロボットは、世界にも例がありません。東北大では、さらに長さを20mまで伸ばし3年後の実用化を目指すということです。働き方改革のためのWeb会議構築について
Leer el artículo completo
admin
29 6月 2018

自宅勤務で利用される遠隔サポート

働き方改革で注目されるようになった自宅勤務。 その自宅勤務は介護や育児、障害などで通勤が困難になった人が多く利用していますが、これからは通常勤務している人でも自宅勤務する人が増えると予想されます。 これは遠隔サポートを利用する大手企業が増えていることで、それを同じように導入する中小企業が増えると予想されているからです。 また、遠隔サポートを利用した自宅勤務は通勤にかかる時間を業務に充てるという利点もあります。 それと、転職をきっかけにリモートサポートを利用した自宅勤務を始める人もいますし、副業や社会活動との両立を目指す人にも注目されています。 こうした遠隔サポートを利用した自宅勤務には様々な雇用形態があり、週に2日は自宅勤務で残りはオフィス勤務したり、一定期間だけ自宅勤務するといったことがあります。 このようなことからも分かるように、働き方改革で注目される自宅勤務には遠隔サポートが必要となりますので、遠隔サポートに関する商品やニュースにも注目しておいたほうが良いでしょう。
Leer el artículo completo
admin
22 6月 2018

Oppoの新スマホの魅力は「カメラ」

中国のスマホの製造メーカーである「Oppo」が、ついに日本に上陸してきました。 日本人の間では、まだ馴染みないOppoですが、アジア諸国ではある意味ブームを巻き起こしています。 ○イメージカラーは緑 Oppoのイメージカラーは「グリーン」です。 インドネシアの首都であるジャカルタのショッピングモールには、グリーンの広告がよく目立っています。 これは数年前までは、Samsungが大きな勢力をキープしていましたが、今や当時のミドルエンドモデルの主力はOppoです。 そのようなメーカーの新スマホモデルが、ついに日本へ進出したのです。 ○R11sの特徴って? R11sの最大の魅力と言えば、カメラでしょう。 Oppoでも、カメラがサイドの特徴であるこの機種を「カメラフォン」としています。 背面には2000万画素と1600画素のデュアルカメラが搭載されています。 まるでそこにいるかのように、明るさによってもそれぞれ使い分けることができます。 インカメラは、2000万画素のスペックです。 このカメラで撮影した画像としては、即座に加工することも可能です。 背景をぼかして、まるでプロカメラマンが撮影したかのように、ポートレートを作る事も できます。 実際Oppoは、カメラマンの角田修一氏をPRに採用しています。画面共有 iphone
Leer el artículo completo
admin
15 6月 2018

財布にスマホがすっぽり入ったら超便利!今年の春のお財布新作には期待できる!

春は財布を新しいものに替えるいいタイミングですよね。 しかし今年は少し変わった旋風が巻き起こりそうです。 財布売り場に異変が起きているのです! ○スマホのニーズが高まり求められる財布も変わってきている? お客さんの要望にあった財布を作るべく、今年の春は以前とは違ったタイプの財布が出現しそうです。 現代は、スマホのように「携帯しやすいアイテム」がブームです。 財布をより「スマートに携帯」したいという客のニーズを満たさなければいけません。 お金はたくさん入ってほしいけれど、携帯しやすい財布があれば利便性が高いですよね。 春は入学シーズンでもあり、贈り物をプレゼントするタイミングでもあります。 そんな時、毎日使いやすい財布を贈ったら、とても喜ばれるでしょう。 ○財布とスマホをまとめて持ち歩けたら… 仕事の合間にちょっと外で用事を済ませてきたい時ってありますよね。 例えば昼休みのランチやコンビニでまちカフェなど…。 そんな時、スマホが入るお財布があったら便利だと思いませんか? スマホとお金は、どちらも外を出歩く時の必需品。 そんな2つのアイテムをまとめてスッキリさせたお財布があったら、ちょこっと外に出て行きたい時でもとても便利ですよね。 そんなリクエストに応えるべく、渋谷の生活雑貨店「ロフト」では2017年10月から、「ベルロイ」の売り場を2倍に拡充しました。 薄くて機能的な財布として、世界的に知られるオーストラリアの財布ブランドを全面的にアピールしています。
Leer el artículo completo
admin
15 5月 2018

スマホをもっと楽しく使うにはアプリを攻略すること

スマホをもっと楽しく使うには、アプリケーションを活用することです。 ここでは、どんどん登場する旬なアプリの中から選びぬいた、スマホユーザー必携の定番アプリをご紹介しましょう。 スマホやクラウドサービスの普及によって、お出かけ先でも様々な作業を小さな端末上でできるようになりました。 それでも仕事の資料作成においては、パソコン上でというのは当然のことです。 いざというシーンで、離れたところにあるパソコン上のデータを参考にしたい時は、どうすればいいのでしょうか。 例えば「Chrome リモート デスクトップ」で、パソコンにアクセスするのも一つの手です。 ○Webブラウザーの拡張機能+専用ソフトをインストール 「Chrome リモート デスクトップ」は、スマホからパソコンにアクセスしてデスクトップを表示し、操作できるアプリでもあります。 使うにはWindowsやmacOSのマシンで、事前にWebブラウザーで、あるChromeの拡張機能を追加し、さらにOSごとの専用ソフトをインストールします。 スマホと専用アプリケーションとで、同じGoogleアカウントを指定しておきます。
Leer el artículo completo
admin
10 5月 2018

リモートアクセスの利便性について

リモートアクセスはスマホやタブレット、モバイルパソコンなどで端末は関係なく、家や外出先など遠隔地からインターネット回線を利用して、IIJサービスやお客様ネットワークへ簡単に接続できるものです。 さらにクラウド型ということもあり、ニーズや予算に応じたスモールスタートもできます。 なりすましや不正アクセスを防ぐ強固なセキュリティ機能もついています。 ワンタイムパスワードを始めとして、接続時間帯や接続元IPアドレス、MACアドレス、サービス単位といったきめ細やかなアクセス制御によって、社外からの安全なリモートアクセスを実現してくれます。 ○低コストで導入できる beat リモートアクセスサービスは、固定のグローバルIPアドレスや専用回線の敷設は不要です。 さらにbeat/basic サービスの基本料金18,800円/月プラス3,000円/月の費用で、標準100人が利用できます。 そのため低コストでも導入や運用することができます。 もしも101人以上利用するなら、beat利用者追加サービスの申し込みも必要です。 ○アクセスの安全性は? beat リモートアクセスサービスは、オリジナルの認証技術とbeat-boxの強固なファイア-ウォールによって、情報漏洩対策に不可欠ななりすましや不正アクセスを防ぎます。 通信の安全性も大事です。 beat リモートアクセスサービスによって、ネット上に流れている情報は、128ビットの暗号化通信によって保護されるため、安心な情報漏洩対策ができるでしょう。
Leer el artículo completo
admin
3 5月 2018

VPNの種類は大きく分けて2つある

VPNにも、いくつか種類があります。 大きく2つに大別できて、「インターネットVPN」と「IP-VPN」があります。 ○インターネットVPNについて 「インターネットVPN」は、ネット網上に仮想的な専用ネットワークを設置し、IPsecによって暗号化され、外部からは隠された状態で通信できます。 ○IP-VPN IP-VPNは、通信事業者が持っている閉域網を使います。 そのため運用コストでみてみると、ネットVPNに比べてかなり大きくなるでしょう。 その一方で、ネットへ接続されることのない専用ネットワーク内で通信できるので、インターネット経由での攻撃や盗聴されるといったセキュリティリスクも低下します。 セキュリティ対策が整うVPNは、クライアントのためにも厳しいセキュリティ体制が求められる大手企業や通信事業者、金融関連といった業種の企業に選ばれることも多いです。 他のメリットとしては、「手軽」なことが挙げられます。 通信ネットワークとして広く張り巡らされたネット網を使うので、インターネット環境さえあれば利用できるのです。https://www.remotecall.com/jp/support/contact-us/
Leer el artículo completo
admin
30 4月 2018

優良なリモートアクセスサービスを選んで使おう

皆さんこんにちは。今日は「リモートアクセス」についてのお話です。 リモートアクセスとは、要するに遠く離れた場所で、ネットワークを利用することをいっています。 外から家や会社などのネットワークを活用することを、「リモートアクセス」と呼んでいます。 パソコンや、ネットワークハードディスクを活用して、Eメールで送信できないような大容量やファイルをやりとりすることができます。 リモートデスクトップによるパソコンの遠隔操作など、幅広い用途が実現できます。 プライベートやビジネスでも、便利に使えるでしょう。 ○ボクシルで優良なものを探してみよう リモートアクセスのサービスを行っている業者は複数あり、その中から厳選して選ぶ必要があります。 例えば、「ボクシル」というところもあります。 ボクシルは、費用の削減や売上向上につながるような、法人向けクラウドサービスをメインとして、多彩なサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミサイトです。 何かリモートアクセスのサービスを入れたいものの、どのようなサービスがあるかわからないといったお悩みや、どれが優れているかわからないといったお悩みを解消してくれるでしょう。 リモートサポートツール プログラム・資料ダウンロード | お客様サポート
Leer el artículo completo
admin
23 4月 2018