山梨県北杜市の和菓子店・金精軒、「人事交流」で働き方改革に成果

「働き方改革」で優れた成果を挙げた企業に、山梨県北杜市の和菓子店が選ばれました。大ヒット商品の生産に伴って増加した従業員の時間外労働を抑制できたのは、人事交流にありました。山梨労働局から長時間労働の削減など「働き方改革」で、優れた成果を挙げたベストプラクティス企業に選ばれたのは、和菓子を製造する山梨県北杜市白州町の金精軒製菓です。11月28日は山梨労働局の木幡繁嗣局長が金精軒の本社を訪れ、長時間労働の削減や労働環境改善の取り組みについて説明を受けました。金精軒は4年前に販売を開始した「水信玄餅」と「生信玄餅」が全国的なヒット商品になった一方で、観光客が増える夏場の長時間労働が大きな課題となっていました。そこで冬の時期に製造部門で人事交流を実施し、1人の従業員が様々な作業を担当できるよう取り組みました。その結果、作業の効率化やシフト作成の自由度が上がり、今年の6月から10月の時間外労働の平均は20.1時間で、前の年の同じ時期に比べ3割以上の削減につながったということです。RemoteCall
Leer el artículo completo
admin
30 1月 2019

初歩からのリモートデスクトップ ~LAN編

Windows 10に搭載されているリモートデスクトップは、ネットワーク経由で他のパソコンを遠隔操作できる機能です。最近では、クラウドストレージサービスの充実によってパソコンのデータにどこからでもアクセスできるようになってきたため、遠隔地のパソコンのデスクトップを操作したいというニーズは少なくなりつつあります。一方で、データだけでなく、アプリを操作できるのがメリットです。それでも、リモートデスクトップには利用するまでに、いくつかの設定が必要で、利用形態によってはネットワークの設定を変更する必要があるので一般的にハードルが高くなります。Windows 10を利用している場合、簡単に他のパソコンに接続することができます。リモートデスクトップの機能を有効化します。これで他のパソコンからの接続を受け付けられるようになります。標準で[PC をプライベート ネットワークで検出可能にし、リモート デバイスから自動接続できるようにする]にチェックが付いていますが、この設定が有効になっていると、LAN上のパソコンから簡単に接続できます。
Leer el artículo completo
admin
15 1月 2019

住むほどに住民好みに 記念日にはサプライズも パナがAI住宅発売

パナソニックは2日、家の中の家電製品などがインターネットにつながり、人工知能(AI)が住人のライフスタイルを学習して暮らしをサポートする次世代住宅「カサート アーバン」を3日に発売すると発表しました。モニターで気候に合わせた料理を提案してくれたり、家族の記念日には音楽や照明でサプライズ演出もしてくれるのです。創業100周年の記念住宅として、米シリコンバレーの拠点で開発した「HomeX(ホームエックス)」と呼ぶシステムを導入したのです。各部屋やキッチンなどに設置されたモニター(横32センチ、縦15センチ)で、家全体の照明やシャッターを遠隔操作し、住人の好みや天気に合わせて、お薦めの生活情報を表示してくれるのです。例えば、寒い日には体が温まる料理メニューを複数提案。朝は部屋のシャッターが徐々に上がり、住人の好きな音楽を流して起床の手助けをします。また、台風の接近時には自動で窓のシャッターを閉め、停電に備えて蓄電池の充電を始めるなど安全もサポートするのです。。クリスマスの夜は部屋の照明が消え、ツリーのライトが点灯するなど、記念日にサプライズ演出もします。
Leer el artículo completo
admin
26 12月 2018

市販のブラインドに取り付けるだけで、スマホで自動開閉を可能にする「Blind Engine」

"+Style(プラススタイル)は、自宅のブラインドの開閉を手軽に自動化できる「Blind Engine(ブラインドエンジン)」を発売しました。価格は1個17,900円で、2個セット34,800円、3個セット50,000円、5個セット76,000円です。市販されている多くのロールタイプのブラインドの開閉を自動化するIoT製品で、ブラインドのコード下部に取り付け、本体の上下ボタンを押すだけで、自動でブラインドの上げ下げができるというものです。本体には2種類のギアを搭載されていて、様々なコードやボールチェーンの巻き取りに対応しています。またコードやチェーンに異常を検出した場合や、異常な追加重量・圧力を検知した場合は、自動停止する安全制御機能も備える。本体の取り付けは、付属の両面テープかネジを使用して固定します。また無線LANを内蔵しているので、専用スマートフォンアプリ「Brunt」を使えば、遠隔操作やタイマー設定も可能です。そのほか複数のブラインドを同時操作できるようです。 画面共有 iphone
Leer el artículo completo
admin
19 12月 2018

株式会社三協パーツ商会のテレワーク

神戸市による「多様な働き方推進事業」の一環によってテレワークの導入を進めることになった企業が「株式会社三協パーツ商会」です。 この企業では自動車部品の卸売や小売りが行われており、テレワークを実施している社員は4名で週に1~4日程度の日数になっています。 また、株式会社三協パーツ商会のテレワークではSNSで連絡を取り合っていますのでトラブルや疑問などを迅速に解決していますし、業務状態を常に更新していますのでリアルタイムでの就業状況確認が可能になっています。 それに、クラウドシステムのタイムカードを導入していますので業務時間の把握ができていますし、ICTツールを導入していますので在宅のテレワークでも出社時と同じような状況で業務することができます。 このようなテレワークを行ったことによって、生産性の向上や通勤時間短縮だけでなく、ワークライフバランスの向上や優秀な人材の確保なども実現させることができました。詳しくはこちら
Leer el artículo completo
admin
4 12月 2018

富士通ゼネラル、エアコン400機種ユーザーを対象に「無線LANアダプター」無料プレゼントを実施

富士通ゼネラルは、エアコンをスマートフォンで遠隔操作可能にする「無線LANアダプター OP-J03A」を抽選で100名にプレゼントするキャンペーンを実施します。応募期間は、10月19日から11月20日までとなっていて、当選者には、無線LANアダプター本体と設置工事までが賞品として無料進呈されるということです。プレゼント賞品の「無線LANアダプター OP-J03A」を取り付け可能なエアコンは、2014年以降に製造された同社製エアコンのうち約400機種です。無線LANアダプター設置後は、専用スマートフォンアプリ「どこでもエアコン」をインストールすることで、外出先からのエアコンONや温度調整などの操作が可能となるほか、Amazon AlexaとGoogle アシスタントを搭載するスマートスピーカーでも、操作が可能となります。応募には、対象エアコンと、無線LANルーター(802.11b/g/n、WPSに要対応)が必要で、エアコンを新規に購入のうえで応募する場合、エアコン本体の設置工事が11月20日に完了している必要があります。抽選後は、当選者との日程調整などを経て、取付工事が実施されます。
Leer el artículo completo
admin
24 11月 2018

川崎重工:「空飛ぶクルマ」開発の検討を開始-将来的に運航も視野

川崎重工業はヘリコプターなどの航空関連技術を発展させ、次世代の乗り物とされる電動の垂直離着陸機(VTOL)の研究・開発の検討に乗り出します。同社はこれまでヘリコプターや航空機の機体開発や製造に特化してきたのですが、今回のVTOL開発では運航までを視野に入れるということです。同社の航空宇宙システムカンパニーのヘリコプタプロジェクト本部、山本毅広副部長が2日、都内で開催された「空の移動革命に向けた官民協議会」で事業案を発表しました。説明によると、電動化したヘリコプターと航空機を組み合わせたコンセプトで、最終的に自動制御可能な機体を開発する方針ということです。構想では、2020年代半ばまでに遠隔操作で貨物などを輸送できる機体、20年代後半にはモーターと内燃機関のハイブリッド駆動型ローターで有人操縦する機体、30年代には離着陸から飛行まで完全に自動制御できる機体の開発を目指すというものです。山本氏は「機体運用を含めオペレーター事業まで検討したい」と述べ、運航事業者としての役割も視野に入れていることを明らかにしました。
Leer el artículo completo
admin
16 11月 2018

マーケティングオートメーションで導入実績が多いツール

マーケティングオートメーションを導入している企業は増加傾向にあり、実際に多くの企業に導入されているツールがあります。 その導入実績が多いマーケティングオートメーションツールの一つにMarketo(マルケト)があり、マーケティングに関する豊富な機能を比較的に低コストで導入することができますし、機能の網羅性が高くなっていますので外部ツールとの連携時に生じるコストを削減することもできます。 また、マルケトのマーケティングオートメーションツールは顧客とのエンゲージメントに基づいたマーケティングを実現させるために設計されていますし、使い勝手の良さや新しい機能が追加されるスピード感、更にはサポート体制が充実しています。 それに、マーケティングで重要となるSFAと連携させることもできますし、コミュニティやイベントが活発になっています。 こうしたマーケティングオートメーションのツールはtoBやtoCを問わず幅広く対応しています。
Leer el artículo completo
admin
1 11月 2018

働き方改革で急増する「フラリーマン」の心理を理解する

働き方改革によって長時間労働が是正されることは、多くの会社員にとって歓迎すべきことでしょう。しかしいろいろな副作用が出ていることも事実なのです。残業が減ることで給与が減ったこと、帰宅時間が早まって面倒な感情を抱く人が増えたことが代表的な例です。最近急増しているのがフラリーマンです。まっすぐ帰宅するのがいやで、会社を後にしてからフラフラと街をさまよう会社員を最近は「フラリーマン」と呼ぶようです。(フラリーマンのほとんどが男性)フラリーマンの潜在マーケットを意識して、ゆっくり「立ち読み」できるカフェ付き書店や、「ちょい飲み」のメニューを準備する居酒屋が増えているほどなのです。なぜ退社したらまっすぐに帰宅しないのか?フラリーマンが、まっすぐに帰宅しない理由はいろいろです。代表的な理由が「一人の時間が欲しい」「家事を手伝うのが面倒」と言われていますが、前者の「一人の時間が欲しい」はあり得なでしょう。残業がたくさんあった時代もフラフラしていたのか、というとそうではないからです。長時間労働の時代からフラフラしている人が多いのなら「フラリーマン」などという新しい呼称が最近できるはずがないからです。
Leer el artículo completo
admin
22 10月 2018

モバイルネットワークを活用した「ドローン配送」は、いつ実現されるのか?

現在、ドローンは操縦者が目視できる範囲で操作することが航空法で義務付けられているのですが、2018年度ごろからは山間部や農村などで目視外での操縦が可能になる見込みで、国土交通省がそのための要件を発表しています。そして2020年以降は、都市部を含む有人地帯でも目視外でドローンを操作できるようになることを、同省は目標に掲げているのです。目視外飛行の鍵を握るのが「モバイルネットワーク」です。現在、ドローンは操縦者がコントローラーで飛ばす方法が一般的ですが、飛行距離は目視できる範囲に限られます。しかしモバイルネットワークを活用して操縦者が遠隔操作をすることで、より広域にわたってドローンを飛ばせるようになるのです。そのゴールの一つがドローン配送です。ドローン配送のメリットは、「働き方改革」につながります。「インターネット通販が増えてきて、配送員の数が追い付かないなど、配送業でも労働力不足が社会課題として挙がっているのです。その部分をドローンで自動化できてくれば、労力を補いコストダウンにもつながります」とKDDI 商品・CS統括本部 商品戦略部 商品1グループの杉田博司氏は話しています。リモートコール | 安心・安全なリモートサポートツール
Leer el artículo completo
admin
15 10月 2018