アクロスの遠隔サポート

困った時に役立つサポートサービスが遠隔サポートで、離れた場所からでも問題を解決してくれるので誰にとっても便利ですよね。 その遠隔サポートを行っているアクロスでは、月額600円で何度でもサポートを受けられるお得な遠隔サポートを提供しています。 また、アクロスの遠隔サポートは対象範囲が広くなっており、スマホやパソコン、タブレット端末などの基本操作や初期設定、家庭内ネットワークとの接続、インターネットの接続設定、ネットワーク接続可能なゲーム機器などをサポートしてくれます。 それに、ソフトウェアのインストール方法や初期設定、診断なども行っており、メールの初期設定やウィルス対策などを利用する人が多いとされています。 このようなことからも分かるように、アクロスの遠隔サポートはユーザーの様々なトラブルや不安などを迅速な対応で解決してくれますので、問題を解決してほしいときは利用してみても良いのではないでしょうか。Web会議料金プラン
Leer el artículo completo
admin
17 8月 2018

セコム、AIと行動心理学を活用した勤務シフト自動作成サービス

セコム株式会社のグループ会社でBPO・ICT事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社は18日、株式会社吉野家およびAIベンチャーの株式会社エクサウィザーズとともに、勤務シフトの「AI自動作成機能」と、AIと行動心理学を活用した「AIリコメンド機能」の2つのAI機能を搭載した勤務シフト自動作成サービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発したと発表しました。サービスは9月に販売を開始する予定です。開発したサービスは、多くのアルバイトやパートなどのスタッフを抱える飲食・小売業の店舗管理者にとって大きな負担となっている、勤務シフトの作成を効率化するものです。セコムでは、同社の「安全・安心」を提供してきた知見、吉野家の豊富な店舗運営のノウハウに、エクサウィザーズの最新の技術を活用したサービスにより、多種多様な各種飲食・小売業店舗の効率的な業務運営を支援するとともに、働き方改革および社会の生産性向上にも貢献していくとしています。
Leer el artículo completo
admin
12 8月 2018

神戸市が電子図書館サービスを試験導入

楽天と神戸市は、楽天グループが展開する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」に関する協定を締結し、神戸市が電子図書館サービスを試験的に導入すると発表しました。政令指定都市としては全国で2件目の導入ということです。これによって、神戸市民は22日から全神戸市立図書館を通じて「Rakuten OverDrive」の電子図書館サービスを利用できるようになります。神戸市立図書館の図書館カードを所持していれば、スマートフォン、PCタブレットから時間を問わずに電子図書を借りることができるようになるのです。提供される電子図書は日本語の約1000冊、英語の500冊、青空文庫1万冊からスタートし、2年間の試験導入期間中に1万3000冊まで増える予定ということです。この電子図書館サービス導入により図書館が遠隔地にあっても通わずにコンテンツにアクセスすることが可能になり、利用者の利便性向上につながる他、図書館側の保管コスト削減にもつながるとしています。
Leer el artículo completo
admin
7 8月 2018

遠隔操作技術を用いたロボットの量産型プロトタイプを開発

Telexistenceは2018年5月29日、遠隔操作技術を活用したロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプを開発したと発表しました。同社が提唱するテレイグジスタンス(遠隔存在)技術やVR(仮想現実)、通信、クラウド、ハプティクス(触覚技術)を活用しています。製品化を前提として、耐久性の向上や起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練化が図られていて、独自のクラウドインフラや移動体通信、インターネットにも対応しています。操作側のコックピットは、制御コンピュータや赤外線3D位置測定、VR、触覚機器などを可搬型のケースに内蔵したことで、大幅に小容量化しました。触覚提示デバイスのモジュール化やUI/UXの向上も図られているのです。ロボット側は、インターネットを使用した低遅延での視聴覚・触覚の伝達が可能になり、量産を想定した機構設計がなされています。また、ホイールによって遠隔地への移動が可能になり、バッテリー駆動での動作が可能。可搬重量の向上及び製品化を想定した外装デザインの改善も図られているのです。リモートサポートとは
Leer el artículo completo
admin
2 8月 2018

「SENSEI」を使った遠隔サポート

パソコンやスマホなどを使い始めた時、不具合があったり使い方が分からなかっりすることがあります。 そんな時に便利なのがメーカーなどのサポートですが、そのサポートの中でも簡単に解決できるのが遠隔サポートです。 この遠隔サポートは様々なメーカーで行われていますが、その中でもユニークな方法をとっている遠隔サポートは「SENSEI」です。 内部に小型カメラを内蔵した丸いヘッドランプのようなものを頭に装着し、そこに映った映像をモニタリングしてもらいながら遠隔サポートしてもらいます。 使い方はSENSEIを頭に装着したらトラブル内容に近いジャンルの専門家を選び、その専門家と電話を繋いで状況を伝えることによって遠隔サポートが始まります。 頭に装着した小型カメラが自分目線でシェアしてもらえますので、遠隔サポートする側も的確に指示することができるため円滑に進めることができます。 パソコンやスマホだけではなく家電の修理などで困った時にも活躍してくれると思います。
Leer el artículo completo
admin
26 7月 2018

トーンモバイルの遠隔サポート

操作方法が分からなかったり設定が分からなかったりして困っている人もいるでしょうが、そうした場合はサポートサービスを受けることで解決できますよね。 そのサポートサービスでも特に便利なのが遠隔サポートですが、トーンモバイルの遠隔サポートがすごいと話題になっています。 トーンモバイルの遠隔サポートは無料で利用することができ、サポートセンターの窓口に電話してつながったらオペレーターの指示に従ってスピーカー通話にし、「あんしん設定」のアイコンをタップします。 起動したらオペレーターから聞いたシリアルコードを入力して開始し、表示されたサポートナンバーをオペレーターに伝えたら遠隔サポートが始まります。 また、トーンモバイルの遠隔サポートでは、トーンモバイルに関することを全般的にサポートしており、基本操作・設定、アプリの操作・設定、初期設定、トーンモバイル以外のSNSなどのアプリ設定や基本操作などを遠隔サポートしてくれます。iPhone / iPad 画面共有が可能に
Leer el artículo completo
admin
19 7月 2018

「働き方改革」で会社から旅行プレゼント

働き方改革の一環として、業績に応じてインセンティブを与える企業も増えてきました。会社から「旅行」をプレゼントされたというAさん(36歳)のケースです。一見よい話にも思えるのですが、「デメリットだらけ」だというのです。「現物支給なのに課税されてしまうことですね。私の場合、会社が用意してくれたのは家族3人で30万円近いプランでした。交通手段やホテルはかなり良いレベルで満足だったのですが…その費用を給料として計上するので、収入は増えていないのに税金だけ引かれてしまうんです。」これは「報奨金の現物支給」にあたるのですが、「それだったら旅行じゃなくて、現金の給与でほしい!」というのがホンネでしょう。幸い、Aさんは大きなマイナスにならずに済んだのですが、大ダメージとなったのが外旅行組です。「例えば、100万円計上されるとすると、それだけで税金として最低でも数万円は所得から徴収されることになるわけで……」。実際にはその年の所得税だけではなく、翌年の住民税や保険料にも響くので、マイナス面が際立っているのです。
Leer el artículo completo
admin
13 7月 2018

働き方改革を進めている自動車運送事業者を国が「ホワイト」認定へ

国土交通省は、ドライバー不足が問題となっているバス・タクシー・トラックの自動車運送事業で、働き方改革に積極的に取り組む事業者を見える化するために、「ホワイト経営」として認定する制度の創設を検討します。バス・タクシー・トラックの自動車運送事業では、運転者不足が深刻化していて、労働条件や労働環境を改善するとともに、運転者を確保・育成していくことが大きな課題となっているのです。このため、働き方改革に積極的に取り組む自動車運送事業者の取り組み状況を見える化するため、「自動車運送事業のホワイト経営の『見える化』検討会」を設置し、新たな認証制度の創設について検討するということです。ホワイト経営という言葉が、最近使われるようになってきた背景にはブラック企業の対極にあるということです。「ブラック経営」は、セクハラ、パワハラ、過酷な労働、劣悪な作業環境、給料や残業代の未払いなど、社員の幸せをかえりみない経営をしていることで、ホワイト経営はまさにこの対極となっているのです。
Leer el artículo completo
admin
6 7月 2018

世界初「空飛ぶ消火ロボット」東北大が開発

世界初の試みとなりました。東北大の研究チームが、火災現場での活躍が期待される「空飛ぶ消火ロボット」を開発したのです。そのイメージは、さながら空想の生き物である「ドラゴン」のようです。勢いよく水を吹き出しながら自ら空中を進むホースが象徴的です。世界初の試みとして、東北大学の研究チームが開発した消火ロボットなのです。動きが竜の様に見えることから「ドラゴンファイヤーファイター」と名付けられたネーミングセンスも秀逸ですね。開発したのは、東北大学の田所諭教授を中心としたロボット工学のチームです。構想から3年で、これまで侵入が困難だった延焼中の建物の内部に入り込むことで、直接消火活動ができる新型ロボットとして、実用化が期待されているのです。ホースの浮力は水で、毎分200リットルで吹き出します。ち密な計算をもとに噴き出す方向を変え、さらに前進・後退、上下左右と、ホースの遠隔操作が可能となりました。ホースが自立するロボットは、世界にも例がありません。東北大では、さらに長さを20mまで伸ばし3年後の実用化を目指すということです。働き方改革のためのWeb会議構築について
Leer el artículo completo
admin
29 6月 2018

自宅勤務で利用される遠隔サポート

働き方改革で注目されるようになった自宅勤務。 その自宅勤務は介護や育児、障害などで通勤が困難になった人が多く利用していますが、これからは通常勤務している人でも自宅勤務する人が増えると予想されます。 これは遠隔サポートを利用する大手企業が増えていることで、それを同じように導入する中小企業が増えると予想されているからです。 また、遠隔サポートを利用した自宅勤務は通勤にかかる時間を業務に充てるという利点もあります。 それと、転職をきっかけにリモートサポートを利用した自宅勤務を始める人もいますし、副業や社会活動との両立を目指す人にも注目されています。 こうした遠隔サポートを利用した自宅勤務には様々な雇用形態があり、週に2日は自宅勤務で残りはオフィス勤務したり、一定期間だけ自宅勤務するといったことがあります。 このようなことからも分かるように、働き方改革で注目される自宅勤務には遠隔サポートが必要となりますので、遠隔サポートに関する商品やニュースにも注目しておいたほうが良いでしょう。
Leer el artículo completo
admin
22 6月 2018