触覚まで伝える遠隔操作ロボット「MODEL H」とは?

人間が離れた場所に存在する「遠隔存在」の概念を、1980年に初めて提唱した東京大学名誉教授 が創業した「TELEXISTENCE(テレイグジスタンス)社」です。その概念を実現する遠隔操作システムに対応したロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプが開発されているのです。「MODEL H」は人間側がVRヘッドセットと、ハプティクス技術搭載のグローブコントローラーを装着します。ロボット側はインターネットを通じた遠隔操作に対応していて、離れた場所の景色、モノの質感、人との会話まで可能にするということです。コントローラー類が収められた専用ボックスには、行き先を指定できる液晶画面も搭載しています。サーフボードショップを訪れて、ボードの木の質感を体感したり、ホイールで動き回ったり、果ては人間が存在できない宇宙空間にも、行けるようになることが示唆されているのです。一方で、まだ宇宙のロボットを遠隔操作することはできません。プロトタイプの段階の「MODEL H」ですが、KDDIの出資を受けており、商業化を見据えた開発が続けられる予定です。 web会議 費用
Leer el artículo completo
admin
17 9月 2018

リサウンドで補聴器を遠隔サポート

遠隔サポートを利用したい人は多くいますし、様々な用途で利用して悩みや問題を解決したいのですが、補聴器を使用している人も遠隔サポートを利用して役立たせることができます。 その補聴器の遠隔サポートはリサウンドで行うことができ、実際に使用した人の83%が満足したと答えていますし、89%の人が簡単だったり推奨できると答えています。 このリサウンドの遠隔サポートはスマート3Dアプリを使用することで、補聴器の販売店からのアップデートや遠隔サポートを利用することができます。 また、リサウンドの遠隔サポートは簡単な利用方法となっており、補聴器の聞こえ具合などをチェックしたらアプリから遠隔サポートを依頼します。 依頼を受け取った販売店はアップデートした調整プログラムメッセージをアプリで依頼者に送信し、受け取ったらスマホの傍に補聴器を置いてインストールをクリックします。 最後に音質評価を使用して満足度を送信したら完了となります。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション
Leer el artículo completo
admin
11 9月 2018

乳牛が自由に歩ける大型牛舎完成 580頭の飼育目指す

農業生産法人「学林ファーム」(町春日)は2日、乳牛が自由に歩き、休めるスペースを備えた大型フリーストール牛舎(6580平方メートル)を完成させ、竣工(しゅんこう)式を牛舎内で行いました。同法人は今後、メガファーム(大規模農場)では道南初となる搾乳ロボット6台を導入した「メガロボットファーム」として、将来的に580頭の飼育と、年間5500トンの生乳出荷を目指すということです。学林ファームは、ともに酪農家の佐藤正之社長(48)と石田伸也専務(38)が2016年7月に設立し、バイオガス発電プラントも併設した牛舎の総事業費は約17億円で、国の畜産クラスター事業の補助金4億2100万円を充てています。牛舎内では、乳牛をつながずにストレスの軽減を図るほか、遠隔操作することができる餌寄せロボットが牧草を集め、効率的に給餌するというものです。搾乳ロボは乳頭の位置をカメラが自動検出し、1台で1日60頭の搾乳が可能になります。集乳やふん尿処理を含めて機械化を徹底することによって、牧場全体で現在の5倍に当たる1日15トンの生乳生産を見込みます。
Leer el artículo completo
admin
5 9月 2018

働き方改革ではモチベーションがアップしない?

パソコンの購入を検討している方が、とても魅力的なデザインをした超軽量のパソコンを見つけました。ところが、ネットで評判を調べてみたところ、「よく故障する」と書かれているのです。そこで、他の商品を探していると、とりたてて特長はないものの、「めったなことでは壊れない」と書かれたものを見つけました。価格は同じです。どちらかを選ばないといけないとしたら、皆さんはどちらを選ぶでしょうか。前者では故障が衛生要因(少しでも欠けると不平・不満につながる要因)となります。それが満たされないと購入する気がうせる、不満足な要因ですね。それでは、衛生要因がなければ買うかといえば、そうとも限らないのです。購入する気にさせる動機づけ要因がないからです。軽量でスタイリッシュという、満足する要因がないと買う気にならないということですね。同じ話が働き方改革に対しても言えます。働き方改革をすると「従業員のモチベーションが高まる」「やる気のある人材が集まる」と単純に考えていると、足をすくわれる恐れがあるのです。
Leer el artículo completo
admin
31 8月 2018

アンツプレミアムの遠隔サポート

パソコンのトラブルによって入っている大切なデータが消えてしまうかもしれないとなったら困りますよね。 そうした時はすぐにでもトラブルを解決して大切なデータが消えないようにしたいものです。 しかし、修理に出したり出張サポートを待っていたのでは不安で安心できません。 そういった時に便利なサポートサービスが遠隔サポートです。 その安心な遠隔サポートを行っているのがアンツプレミアムで、本来はメールだけのサポートサービスしかありませんでしたが、多くの要望によって電話サポートと遠隔サポートを行うようになりました。 このアンツプレミアムの遠隔サポートは年間契約6万円となっており、利用回数は月2回で1回のサポート時間は最大で1時間になります。 また、遠隔サポートの対応時間は平日の10時から17時までとなります。 こうした遠隔サポートはリモートサポートソフトのISL Onlineを使用していますので、安全で迅速な対応でトラブルや問題などを解決してくれるでしょう。
Leer el artículo completo
admin
24 8月 2018

アクロスの遠隔サポート

困った時に役立つサポートサービスが遠隔サポートで、離れた場所からでも問題を解決してくれるので誰にとっても便利ですよね。 その遠隔サポートを行っているアクロスでは、月額600円で何度でもサポートを受けられるお得な遠隔サポートを提供しています。 また、アクロスの遠隔サポートは対象範囲が広くなっており、スマホやパソコン、タブレット端末などの基本操作や初期設定、家庭内ネットワークとの接続、インターネットの接続設定、ネットワーク接続可能なゲーム機器などをサポートしてくれます。 それに、ソフトウェアのインストール方法や初期設定、診断なども行っており、メールの初期設定やウィルス対策などを利用する人が多いとされています。 このようなことからも分かるように、アクロスの遠隔サポートはユーザーの様々なトラブルや不安などを迅速な対応で解決してくれますので、問題を解決してほしいときは利用してみても良いのではないでしょうか。Web会議料金プラン
Leer el artículo completo
admin
17 8月 2018

セコム、AIと行動心理学を活用した勤務シフト自動作成サービス

セコム株式会社のグループ会社でBPO・ICT事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社は18日、株式会社吉野家およびAIベンチャーの株式会社エクサウィザーズとともに、勤務シフトの「AI自動作成機能」と、AIと行動心理学を活用した「AIリコメンド機能」の2つのAI機能を搭載した勤務シフト自動作成サービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発したと発表しました。サービスは9月に販売を開始する予定です。開発したサービスは、多くのアルバイトやパートなどのスタッフを抱える飲食・小売業の店舗管理者にとって大きな負担となっている、勤務シフトの作成を効率化するものです。セコムでは、同社の「安全・安心」を提供してきた知見、吉野家の豊富な店舗運営のノウハウに、エクサウィザーズの最新の技術を活用したサービスにより、多種多様な各種飲食・小売業店舗の効率的な業務運営を支援するとともに、働き方改革および社会の生産性向上にも貢献していくとしています。
Leer el artículo completo
admin
12 8月 2018

神戸市が電子図書館サービスを試験導入

楽天と神戸市は、楽天グループが展開する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」に関する協定を締結し、神戸市が電子図書館サービスを試験的に導入すると発表しました。政令指定都市としては全国で2件目の導入ということです。これによって、神戸市民は22日から全神戸市立図書館を通じて「Rakuten OverDrive」の電子図書館サービスを利用できるようになります。神戸市立図書館の図書館カードを所持していれば、スマートフォン、PCタブレットから時間を問わずに電子図書を借りることができるようになるのです。提供される電子図書は日本語の約1000冊、英語の500冊、青空文庫1万冊からスタートし、2年間の試験導入期間中に1万3000冊まで増える予定ということです。この電子図書館サービス導入により図書館が遠隔地にあっても通わずにコンテンツにアクセスすることが可能になり、利用者の利便性向上につながる他、図書館側の保管コスト削減にもつながるとしています。
Leer el artículo completo
admin
7 8月 2018

遠隔操作技術を用いたロボットの量産型プロトタイプを開発

Telexistenceは2018年5月29日、遠隔操作技術を活用したロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプを開発したと発表しました。同社が提唱するテレイグジスタンス(遠隔存在)技術やVR(仮想現実)、通信、クラウド、ハプティクス(触覚技術)を活用しています。製品化を前提として、耐久性の向上や起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練化が図られていて、独自のクラウドインフラや移動体通信、インターネットにも対応しています。操作側のコックピットは、制御コンピュータや赤外線3D位置測定、VR、触覚機器などを可搬型のケースに内蔵したことで、大幅に小容量化しました。触覚提示デバイスのモジュール化やUI/UXの向上も図られているのです。ロボット側は、インターネットを使用した低遅延での視聴覚・触覚の伝達が可能になり、量産を想定した機構設計がなされています。また、ホイールによって遠隔地への移動が可能になり、バッテリー駆動での動作が可能。可搬重量の向上及び製品化を想定した外装デザインの改善も図られているのです。リモートサポートとは
Leer el artículo completo
admin
2 8月 2018

「SENSEI」を使った遠隔サポート

パソコンやスマホなどを使い始めた時、不具合があったり使い方が分からなかっりすることがあります。 そんな時に便利なのがメーカーなどのサポートですが、そのサポートの中でも簡単に解決できるのが遠隔サポートです。 この遠隔サポートは様々なメーカーで行われていますが、その中でもユニークな方法をとっている遠隔サポートは「SENSEI」です。 内部に小型カメラを内蔵した丸いヘッドランプのようなものを頭に装着し、そこに映った映像をモニタリングしてもらいながら遠隔サポートしてもらいます。 使い方はSENSEIを頭に装着したらトラブル内容に近いジャンルの専門家を選び、その専門家と電話を繋いで状況を伝えることによって遠隔サポートが始まります。 頭に装着した小型カメラが自分目線でシェアしてもらえますので、遠隔サポートする側も的確に指示することができるため円滑に進めることができます。 パソコンやスマホだけではなく家電の修理などで困った時にも活躍してくれると思います。
Leer el artículo completo
admin
26 7月 2018