世界初「空飛ぶ消火ロボット」東北大が開発

世界初の試みとなりました。東北大の研究チームが、火災現場での活躍が期待される「空飛ぶ消火ロボット」を開発したのです。そのイメージは、さながら空想の生き物である「ドラゴン」のようです。勢いよく水を吹き出しながら自ら空中を進むホースが象徴的です。世界初の試みとして、東北大学の研究チームが開発した消火ロボットなのです。動きが竜の様に見えることから「ドラゴンファイヤーファイター」と名付けられたネーミングセンスも秀逸ですね。開発したのは、東北大学の田所諭教授を中心としたロボット工学のチームです。構想から3年で、これまで侵入が困難だった延焼中の建物の内部に入り込むことで、直接消火活動ができる新型ロボットとして、実用化が期待されているのです。ホースの浮力は水で、毎分200リットルで吹き出します。ち密な計算をもとに噴き出す方向を変え、さらに前進・後退、上下左右と、ホースの遠隔操作が可能となりました。ホースが自立するロボットは、世界にも例がありません。東北大では、さらに長さを20mまで伸ばし3年後の実用化を目指すということです。働き方改革のためのWeb会議構築について

admin
29 6月 2018

Comenta esta entrada

XHTML
Puedes usar estas etiquetas: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>