モバイルネットワークを活用した「ドローン配送」は、いつ実現されるのか?

現在、ドローンは操縦者が目視できる範囲で操作することが航空法で義務付けられているのですが、2018年度ごろからは山間部や農村などで目視外での操縦が可能になる見込みで、国土交通省がそのための要件を発表しています。そして2020年以降は、都市部を含む有人地帯でも目視外でドローンを操作できるようになることを、同省は目標に掲げているのです。目視外飛行の鍵を握るのが「モバイルネットワーク」です。現在、ドローンは操縦者がコントローラーで飛ばす方法が一般的ですが、飛行距離は目視できる範囲に限られます。しかしモバイルネットワークを活用して操縦者が遠隔操作をすることで、より広域にわたってドローンを飛ばせるようになるのです。そのゴールの一つがドローン配送です。ドローン配送のメリットは、「働き方改革」につながります。「インターネット通販が増えてきて、配送員の数が追い付かないなど、配送業でも労働力不足が社会課題として挙がっているのです。その部分をドローンで自動化できてくれば、労力を補いコストダウンにもつながります」とKDDI 商品・CS統括本部 商品戦略部 商品1グループの杉田博司氏は話しています。リモートコール | 安心・安全なリモートサポートツール

admin
15 10月 2018

Comenta esta entrada

XHTML
Puedes usar estas etiquetas: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>