住むほどに住民好みに 記念日にはサプライズも パナがAI住宅発売

パナソニックは2日、家の中の家電製品などがインターネットにつながり、人工知能(AI)が住人のライフスタイルを学習して暮らしをサポートする次世代住宅「カサート アーバン」を3日に発売すると発表しました。モニターで気候に合わせた料理を提案してくれたり、家族の記念日には音楽や照明でサプライズ演出もしてくれるのです。創業100周年の記念住宅として、米シリコンバレーの拠点で開発した「HomeX(ホームエックス)」と呼ぶシステムを導入したのです。各部屋やキッチンなどに設置されたモニター(横32センチ、縦15センチ)で、家全体の照明やシャッターを遠隔操作し、住人の好みや天気に合わせて、お薦めの生活情報を表示してくれるのです。例えば、寒い日には体が温まる料理メニューを複数提案。朝は部屋のシャッターが徐々に上がり、住人の好きな音楽を流して起床の手助けをします。また、台風の接近時には自動で窓のシャッターを閉め、停電に備えて蓄電池の充電を始めるなど安全もサポートするのです。。クリスマスの夜は部屋の照明が消え、ツリーのライトが点灯するなど、記念日にサプライズ演出もします。

admin
26 12月 2018

Comenta esta entrada

XHTML
Puedes usar estas etiquetas: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>