山梨県北杜市の和菓子店・金精軒、「人事交流」で働き方改革に成果

「働き方改革」で優れた成果を挙げた企業に、山梨県北杜市の和菓子店が選ばれました。大ヒット商品の生産に伴って増加した従業員の時間外労働を抑制できたのは、人事交流にありました。山梨労働局から長時間労働の削減など「働き方改革」で、優れた成果を挙げたベストプラクティス企業に選ばれたのは、和菓子を製造する山梨県北杜市白州町の金精軒製菓です。11月28日は山梨労働局の木幡繁嗣局長が金精軒の本社を訪れ、長時間労働の削減や労働環境改善の取り組みについて説明を受けました。金精軒は4年前に販売を開始した「水信玄餅」と「生信玄餅」が全国的なヒット商品になった一方で、観光客が増える夏場の長時間労働が大きな課題となっていました。そこで冬の時期に製造部門で人事交流を実施し、1人の従業員が様々な作業を担当できるよう取り組みました。その結果、作業の効率化やシフト作成の自由度が上がり、今年の6月から10月の時間外労働の平均は20.1時間で、前の年の同じ時期に比べ3割以上の削減につながったということです。

admin
30 1月 2019

Comenta esta entrada

XHTML
Puedes usar estas etiquetas: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>