Archivos en la categoría '未分類'

株式会社三協パーツ商会のテレワーク

神戸市による「多様な働き方推進事業」の一環によってテレワークの導入を進めることになった企業が「株式会社三協パーツ商会」です。 この企業では自動車部品の卸売や小売りが行われており、テレワークを実施している社員は4名で週に1~4日程度の日数になっています。 また、株式会社三協パーツ商会のテレワークではSNSで連絡を取り合っていますのでトラブルや疑問などを迅速に解決していますし、業務状態を常に更新していますのでリアルタイムでの就業状況確認が可能になっています。 それに、クラウドシステムのタイムカードを導入していますので業務時間の把握ができていますし、ICTツールを導入していますので在宅のテレワークでも出社時と同じような状況で業務することができます。 このようなテレワークを行ったことによって、生産性の向上や通勤時間短縮だけでなく、ワークライフバランスの向上や優秀な人材の確保なども実現させることができました。詳しくはこちら
admin
4 12月 2018

富士通ゼネラル、エアコン400機種ユーザーを対象に「無線LANアダプター」無料プレゼントを実施

富士通ゼネラルは、エアコンをスマートフォンで遠隔操作可能にする「無線LANアダプター OP-J03A」を抽選で100名にプレゼントするキャンペーンを実施します。応募期間は、10月19日から11月20日までとなっていて、当選者には、無線LANアダプター本体と設置工事までが賞品として無料進呈されるということです。プレゼント賞品の「無線LANアダプター OP-J03A」を取り付け可能なエアコンは、2014年以降に製造された同社製エアコンのうち約400機種です。無線LANアダプター設置後は、専用スマートフォンアプリ「どこでもエアコン」をインストールすることで、外出先からのエアコンONや温度調整などの操作が可能となるほか、Amazon AlexaとGoogle アシスタントを搭載するスマートスピーカーでも、操作が可能となります。応募には、対象エアコンと、無線LANルーター(802.11b/g/n、WPSに要対応)が必要で、エアコンを新規に購入のうえで応募する場合、エアコン本体の設置工事が11月20日に完了している必要があります。抽選後は、当選者との日程調整などを経て、取付工事が実施されます。
admin
24 11月 2018

川崎重工:「空飛ぶクルマ」開発の検討を開始-将来的に運航も視野

川崎重工業はヘリコプターなどの航空関連技術を発展させ、次世代の乗り物とされる電動の垂直離着陸機(VTOL)の研究・開発の検討に乗り出します。同社はこれまでヘリコプターや航空機の機体開発や製造に特化してきたのですが、今回のVTOL開発では運航までを視野に入れるということです。同社の航空宇宙システムカンパニーのヘリコプタプロジェクト本部、山本毅広副部長が2日、都内で開催された「空の移動革命に向けた官民協議会」で事業案を発表しました。説明によると、電動化したヘリコプターと航空機を組み合わせたコンセプトで、最終的に自動制御可能な機体を開発する方針ということです。構想では、2020年代半ばまでに遠隔操作で貨物などを輸送できる機体、20年代後半にはモーターと内燃機関のハイブリッド駆動型ローターで有人操縦する機体、30年代には離着陸から飛行まで完全に自動制御できる機体の開発を目指すというものです。山本氏は「機体運用を含めオペレーター事業まで検討したい」と述べ、運航事業者としての役割も視野に入れていることを明らかにしました。
admin
16 11月 2018

マーケティングオートメーションで導入実績が多いツール

マーケティングオートメーションを導入している企業は増加傾向にあり、実際に多くの企業に導入されているツールがあります。 その導入実績が多いマーケティングオートメーションツールの一つにMarketo(マルケト)があり、マーケティングに関する豊富な機能を比較的に低コストで導入することができますし、機能の網羅性が高くなっていますので外部ツールとの連携時に生じるコストを削減することもできます。 また、マルケトのマーケティングオートメーションツールは顧客とのエンゲージメントに基づいたマーケティングを実現させるために設計されていますし、使い勝手の良さや新しい機能が追加されるスピード感、更にはサポート体制が充実しています。 それに、マーケティングで重要となるSFAと連携させることもできますし、コミュニティやイベントが活発になっています。 こうしたマーケティングオートメーションのツールはtoBやtoCを問わず幅広く対応しています。
admin
1 11月 2018

働き方改革で急増する「フラリーマン」の心理を理解する

働き方改革によって長時間労働が是正されることは、多くの会社員にとって歓迎すべきことでしょう。しかしいろいろな副作用が出ていることも事実なのです。残業が減ることで給与が減ったこと、帰宅時間が早まって面倒な感情を抱く人が増えたことが代表的な例です。最近急増しているのがフラリーマンです。まっすぐ帰宅するのがいやで、会社を後にしてからフラフラと街をさまよう会社員を最近は「フラリーマン」と呼ぶようです。(フラリーマンのほとんどが男性)フラリーマンの潜在マーケットを意識して、ゆっくり「立ち読み」できるカフェ付き書店や、「ちょい飲み」のメニューを準備する居酒屋が増えているほどなのです。なぜ退社したらまっすぐに帰宅しないのか?フラリーマンが、まっすぐに帰宅しない理由はいろいろです。代表的な理由が「一人の時間が欲しい」「家事を手伝うのが面倒」と言われていますが、前者の「一人の時間が欲しい」はあり得なでしょう。残業がたくさんあった時代もフラフラしていたのか、というとそうではないからです。長時間労働の時代からフラフラしている人が多いのなら「フラリーマン」などという新しい呼称が最近できるはずがないからです。
admin
22 10月 2018

モバイルネットワークを活用した「ドローン配送」は、いつ実現されるのか?

現在、ドローンは操縦者が目視できる範囲で操作することが航空法で義務付けられているのですが、2018年度ごろからは山間部や農村などで目視外での操縦が可能になる見込みで、国土交通省がそのための要件を発表しています。そして2020年以降は、都市部を含む有人地帯でも目視外でドローンを操作できるようになることを、同省は目標に掲げているのです。目視外飛行の鍵を握るのが「モバイルネットワーク」です。現在、ドローンは操縦者がコントローラーで飛ばす方法が一般的ですが、飛行距離は目視できる範囲に限られます。しかしモバイルネットワークを活用して操縦者が遠隔操作をすることで、より広域にわたってドローンを飛ばせるようになるのです。そのゴールの一つがドローン配送です。ドローン配送のメリットは、「働き方改革」につながります。「インターネット通販が増えてきて、配送員の数が追い付かないなど、配送業でも労働力不足が社会課題として挙がっているのです。その部分をドローンで自動化できてくれば、労力を補いコストダウンにもつながります」とKDDI 商品・CS統括本部 商品戦略部 商品1グループの杉田博司氏は話しています。リモートコール | 安心・安全なリモートサポートツール
admin
15 10月 2018

遠隔サポートで使用するShareMouse

遠隔サポートはインターネットを介して様々な問題を素早く解決することができますので便利なサポートと言えます。 その遠隔サポートを行う時に必要となるソフトウェアは数多くありますが、その中でも無料で利用することができて人気を集めているソフトウェアが「ShareMouse」です。 この遠隔サポートできるソフトウェアは個人や家庭で利用するときに無料となり、その無料版では最大2台まで接続することができ、ライセンスを購入してアップグレードすれば制限が解除されて9台まで接続することができますし、制限されているファイルのドラッグ&ドロップやクリップボードの共有、サイズ補正やラップアラウンドビューモニターなどの様々な機能を使えるようになります。 また、同じソフトウェアをそれぞれでインストールしダウンロードすると、マウスとキーボードも共有することができますのでスムーズに遠隔サポートすることができますし、Windows同士だけではなくWindowsとMac間でも使用することができます。
admin
27 9月 2018

触覚まで伝える遠隔操作ロボット「MODEL H」とは?

人間が離れた場所に存在する「遠隔存在」の概念を、1980年に初めて提唱した東京大学名誉教授 が創業した「TELEXISTENCE(テレイグジスタンス)社」です。その概念を実現する遠隔操作システムに対応したロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプが開発されているのです。「MODEL H」は人間側がVRヘッドセットと、ハプティクス技術搭載のグローブコントローラーを装着します。ロボット側はインターネットを通じた遠隔操作に対応していて、離れた場所の景色、モノの質感、人との会話まで可能にするということです。コントローラー類が収められた専用ボックスには、行き先を指定できる液晶画面も搭載しています。サーフボードショップを訪れて、ボードの木の質感を体感したり、ホイールで動き回ったり、果ては人間が存在できない宇宙空間にも、行けるようになることが示唆されているのです。一方で、まだ宇宙のロボットを遠隔操作することはできません。プロトタイプの段階の「MODEL H」ですが、KDDIの出資を受けており、商業化を見据えた開発が続けられる予定です。 web会議 費用
admin
17 9月 2018

リサウンドで補聴器を遠隔サポート

遠隔サポートを利用したい人は多くいますし、様々な用途で利用して悩みや問題を解決したいのですが、補聴器を使用している人も遠隔サポートを利用して役立たせることができます。 その補聴器の遠隔サポートはリサウンドで行うことができ、実際に使用した人の83%が満足したと答えていますし、89%の人が簡単だったり推奨できると答えています。 このリサウンドの遠隔サポートはスマート3Dアプリを使用することで、補聴器の販売店からのアップデートや遠隔サポートを利用することができます。 また、リサウンドの遠隔サポートは簡単な利用方法となっており、補聴器の聞こえ具合などをチェックしたらアプリから遠隔サポートを依頼します。 依頼を受け取った販売店はアップデートした調整プログラムメッセージをアプリで依頼者に送信し、受け取ったらスマホの傍に補聴器を置いてインストールをクリックします。 最後に音質評価を使用して満足度を送信したら完了となります。オフィスでの働き方をそのままテレワークに可能できるなRsupport Worksソリューション
admin
11 9月 2018

乳牛が自由に歩ける大型牛舎完成 580頭の飼育目指す

農業生産法人「学林ファーム」(町春日)は2日、乳牛が自由に歩き、休めるスペースを備えた大型フリーストール牛舎(6580平方メートル)を完成させ、竣工(しゅんこう)式を牛舎内で行いました。同法人は今後、メガファーム(大規模農場)では道南初となる搾乳ロボット6台を導入した「メガロボットファーム」として、将来的に580頭の飼育と、年間5500トンの生乳出荷を目指すということです。学林ファームは、ともに酪農家の佐藤正之社長(48)と石田伸也専務(38)が2016年7月に設立し、バイオガス発電プラントも併設した牛舎の総事業費は約17億円で、国の畜産クラスター事業の補助金4億2100万円を充てています。牛舎内では、乳牛をつながずにストレスの軽減を図るほか、遠隔操作することができる餌寄せロボットが牧草を集め、効率的に給餌するというものです。搾乳ロボは乳頭の位置をカメラが自動検出し、1台で1日60頭の搾乳が可能になります。集乳やふん尿処理を含めて機械化を徹底することによって、牧場全体で現在の5倍に当たる1日15トンの生乳生産を見込みます。
admin
5 9月 2018